インドネシア料理とバリ料理

ラジオ高崎の番組Musique Sans Frontieresの4月第一週放送回に合わせ、インドネシア・バリ島で食べた料理の写真をinstagram投稿を元にアップします。こちらを見ながら放送を聞いていただくのがおすすめです。

インドネシア料理の特徴

  • 古くから香辛料の生産地として知られ、たくさんの香辛料を用いる。
  • 主な香辛料:エシャロット、ニンニク、唐辛子、胡椒、ターメリック、ガランガル、レモングラス、キャンドルナッツ、ココナッツミルク
  • 白米が主食。
  • イスラム教徒が多いため、バリ島や一部の島を除いては豚肉は食べられていない。
  • 砂糖椰子の実を発酵させたお酒「アラック」が人気。

代表的な料理

  • ナシ・ゴレン:チャーハン。サンバル(赤唐辛子とエシャロット、にんにくなど石臼でつぶしたスパイス)で味付ける。
  • ミー・ゴレン:焼きそば。
  • ナシ・チャンプルー:ご飯を盛った皿にお好みで選択したおかずを乗せたもの。
  • サテ:焼き串。鶏や豚、海亀などを細かく切って、サンバルなどに漬け込み、串に刺し、炭火で焼く。ピーナッツソースを付けていただく
  • ガドガド:蒸し野菜、茹で野菜、生野菜のピーナッツソースかけ
  • フルーツ:アボカド、パッションフルーツ、ドリアン、スイカ、パイナップル、スターフルーツ、サワーサップ、パパイヤ、マンゴー、バナナ