201908メヘフィレ・サマー カウワーリーを聴く会 第三会

サラームのヒンディー語の先生である村山和之先生が中心となり、6年ぶりにパキスタンの実力派カウワール「バダル・アリー&バハードゥル・アリー兄弟楽団」の来日公演を三箇所で行います。

三回目の8月18日日曜にサラームも進行役(両替商)として登壇します。皆様お布施をたっぷり携えてぜひお越し下さい!

「メヘフィレ・サマー カウワーリーを聴く会」 第三会

カウワーリー・パンジャービー

@代官山・晴れたら空に豆まいて

8月18日(日)

12時開場(予約受付順入場)、12時半開演。

14時までに終演予定。

予約 3500円、当日券 4000円

バダル・アリー&バハードゥル・アリー兄弟率いる総勢6名のカウワーリー楽団は帰国直前に最後の「聴く会」を催します。

第一会、パキスタン・フェスティバル、そして第二会のステージを経て、最後の最後に彼らがやりたい現地仕様のカウワーリーを聴く会とはどんなものなのか体験したい。

宗教儀礼的かつ世俗娯楽的な、聖俗溶け混じったパンジャーブの熱狂的なカウワーリーを聴いてみたい、そして観てみたい、魅せられてみたい。

歌はパンジャービー語だけなのか、ウルドゥー語、ペルシア語も聞けるのか?民謡や映画のカウワーリー歌、彼らのオリジナル作品も聴けるのか,否か?

サラーム海上と村山和之が全力でご案内する聖者の宮廷講特別番組。しかし現場で何が起こるかは神のみぞ知る予測不能のお楽しみ番組。

私たちもワクワクどきどきしております。一緒にwah wah kya bat 叫びながらカウワールたちを盛り上げて、評価を形にして与え、日本公演最高の音楽会にいたしましょう。

皆様の受講、ご参加をお待ちしております。

「そもそもこの楽団との結縁は、今をさかのぼること13年前の初秋、『ラマダンの夜』なるコンサートでパキスタンから来日したファイズ・アリー・ファイズ楽団のタブラー奏者リズワーン・アリーからだった。「バダル・アリーというよい歌手がいる。日本の歌も歌える」と手渡されたCDRから始まった。リズワーンは自分の兄弟楽団を売り込んできたのだ。現地で数回ライヴカウワーリーを聴き、バダル・アリー&バハードゥル・アリーの潜在力の高さはすぐわかった。2012年、2013年の在京パキスタン大使館主催の「パキスタン・バザール」に売り込むのはこちらの番だった。日本社会でも在日パキスタン人社会でも全くの無名だった中堅のカウワールたちを呼ぶ決断にジーラーニー公使は勇気がいったことだろう。彼らが来日し歌を聴かせたとたんにそのムードは一変した。翌2013年にはより積極的に大使館は後援した。日本の聴衆も、ヌスラット・ファテ・アリー・ハーンだけがカウワールではないことを理解してくれた。その高みに達するまでは更なる精進が要るけれど、現地に近い形で日本においてパンジャービー・ダング(スタイル・様式)の熱狂的なステージを繰り広げられる実力と聴衆に愛されるキャラクターを併せ持つタレントは、彼らが天から与えられ、謙虚に磨きをかけてきた唯一無比なるものだ。6年ぶりの来日、6年間のパワーアップの実りをいま享受したい。どうか、その秘密の共有者になっていただきたい」

聖者の宮廷考主宰:村山和之

バダル・アリー&バハードゥル・アリー兄弟楽団の動画

2013年8月22日 ラホール、ダーター聖者廟地下のサマー・ホール、定例木曜日のカウワーリー会より
https://www.youtube.com/watch?v=B_XVmW02wac

2013年5月1日 ヒンドゥスターニー古典+寺原太郎 Raga Chandrakauns 東中野「驢馬駱駝」にて、聖者の宮廷講レクチャー・コンサート
https://www.youtube.com/watch?v=qw7wQXHnegM&list=UUXkw8ScdhQbHvzN0PzNaxVg&index=16

2012年2月、ラホール、来日直前の映像
https://www.youtube.com/watch?v=meuGloFX8SE&list=UUXkw8ScdhQbHvzN0PzNaxVg&index=8

2012年3月22日 初来日動画、東中野「驢馬駱駝」にて、聖者の宮廷講レクチャー・コンサート「Allah Hu]
https://www.youtube.com/watch?v=E3SoMm3LK_k&list=UUXkw8ScdhQbHvzN0PzNaxVg&index=26

2011年1月 パキスタン、ラーワルピンディーのホテルで、プロモーション用の動画撮影
https://www.youtube.com/watch?v=-DV55_pbdKs&list=UUXkw8ScdhQbHvzN0PzNaxVg&index=23

2007年 ラホールの聖者私邸における音楽会、ダンマールという舞踏可能な聖者礼賛歌
https://www.youtube.com/watch?v=WXlOhDoHPfQ&list=UUXkw8ScdhQbHvzN0PzNaxVg&index=24