20180617 Cappadox 3rd Day

地べたに座り、畠山地平さん待ち。

A post shared by Salam Takuya Unagami (@salam_unagami) on

ウチヒサールの皆の定宿にて再会。

A post shared by Salam Takuya Unagami (@salam_unagami) on

ウチヒサールからの風景

A post shared by Salam Takuya Unagami (@salam_unagami) on

お土産屋で石

A post shared by Salam Takuya Unagami (@salam_unagami) on

Murat, Esma & me. @esmasultanist @murat_ertel

A post shared by Salam Takuya Unagami (@salam_unagami) on

今年のCappadoxのテーマは「静寂」。

A post shared by Salam Takuya Unagami (@salam_unagami) on

Hey Douglas も好きな音すぎて帰れない。

A post shared by Salam Takuya Unagami (@salam_unagami) on

Open Fire Cookingの後、夜8時半のバスに乗り、オルタヒサルで開催されていたアートインスタレーションを観に出かける。オルタヒサルには谷全体の洞窟をくりぬいたかつての集落があり、その洞窟一つ一つにキャンドルを灯し、かつての谷の様子を再現しようというというコンセプチャルアートだ。
真っ暗で、虫や鳥の声が響く中、蝋燭の灯りがユラユラと揺れる谷の夜景はとても幻想的だった。
11時にメイン会場に戻り、Hey Douglas。Islandmanとメンバー二人が重なっているが、こちらは往年のトルコ歌謡曲やアナドルロックの有名なフレーズを一部サンプリングし、ループし、そこからインプロビゼーションを繰り広げていく。1stアルバム発売直後のケミカル・ブラザーズ初来日公演を思い出した。当時彼らはまだビートルズのサンプリングを使っていたけれど、売れるにしたがって、グレーな方法は取れなくなっていったんだ。