インドの音楽祭を初訪問する方への返信メール

先日の「イスラーム映画祭」で行った僕のレクチャー「実在するスーフィー音楽祭を訪ねて」を受講されて、2月にインド・ラージャスターン州ナゴールで開催される「World Sacred Spirit Festival」にその場で申し込まれた方(すばらしい決断力!)から、メールでインド旅行についての質問が来ました。そこで、以下の返信をしました。これからインドを訪れる方もいると思うので、こちらにもコピペしておきます。
@@@@さま
すばらしい決断ですね! 最大限楽しんできて下さい。
注意は特にありません。日本からデリー経由(空港近くの送迎付きホテルを使うのがいいかと)で翌朝にジョードプルに飛んで、ジョードプル空港まで車で迎えに来てもらえば、あとは二時間のドライブだけで中世の音楽祭に紛れ込むことが出来ます!
ミュージシャンやスタッフたちだけでなく、インターナショナルなゲストたちとの出会いや会話も楽しいことでしょう!  アーティスティックディレクターのアラン・ウェバーやデリーのスーフィー女性 プリヤンカー・シンちゃんに会ったらよろしくお伝え下さい。
問題と言えば、そうだ、インドは今高額紙幣の廃止問題で現金が不足しています。デリーの空港で最初に両替する時に一人あたま4000ルピーや5000ルピーまでと言われるかもしれません。いくらになっても対応出来るように、15000円くらいを1000円札でもっていくといいと思います。1万円札を出して、4000ルピーもらっても、残りのお釣りはもらえませんから。 それから、空港では1ルピー=2円計算でしたが、クレジットカードやキャッシングすれば1ルピーは1.72円くらいです。なので、全ての支払いはカードで行うほうが13%も得です。現金の両替は大損するので出来る限り避けるべきです。
と言ってもフェス会場では一銭も使うことはありません。フェスの二日目に町に遠足に行きますが、その時に少々小銭(50ルピーや100ルピーなど)があると賽銭に使えたり、水を買えたりしますがそれ以外はまったくお金は要りません。
そして、インドに着いて両替したら、最初にやるべきことは現地のSIMカードを入手し、インターネットと現地の携帯の番号を手に入れることです。 入国し、荷物を受取、空港の出口の所に携帯の会社が2つ並んでますので、そこで、SIMを買って、必要な分のデータ通信もトップアップしちゃって下さい。
以下Fbの僕の1/2の投稿より。
デリー空港に到着し、両替を済ませたらまず何はなくとも携帯電話屋へ直行し、4G SIMを手に入れるべし! 1GBのデータ通信とかなりの分数の国内電話料金込みで1000rs.=2000円(ヒドイ円安が進んでる)。10日以上滞在の方は6GBの通信料込みで1500rsがお勧め。 スマホでネットがつながれば、タクシーは全てuberでクレジットカード決済できます。
uberについて詳しくは下記を。
http://www.chez-salam.com/2017/01/make-use-of-uber-taxi-in-delhi/
デリーはとにかく排気ガス汚染がヒドイので、オートリキシャに乗ると間違いなく寝込むことになります。 それでもインドは人間や経済やパワーがすごいので、最大限楽しんできて下さい。特に女性は買い物天国ですから!
サラーム拝