20160723 Middle Eastern Cookings in London 1

Brexit決定直後のロンドン。今までどおり、通りを歩いていると世界中の知らない言語が聞こえてくる。多国籍で、それぞれが好きなように生きている。それが問題となってBrexitに至ったのだろうが、僕はロンドンやパリに行くたびに気が楽になる。
中東料理の取材。今回はレバノン〜トルコ・フュージョン料理のArabicaとイスラエル・フュージョン料理のPalomarを訪れた。どちらも中東の現地とは異なる独自進化型で、一皿ごとに勉強になる。
Arabicaでは、僕はもっともっとレモンを効かせていいんだなあと再確認出来た。「レモン、にんにく、パセリ、オリーブオイル」ですよ!
そしてPalomarはタコのステーキのせホモスやビーツのカルパッチョ、脱構築ケバブ、ムール貝のモロッコ風など、どれも現地担い料理だが、目からウロコ。
その他にもスーパーマーケットの惣菜売り場や、バラマーケットやコベントガーデンの屋台でも中東料理は大進出してる。
荷物をなくしたままロンドンに到着し、最終電車でパディントン駅へ。そこからタクシーでリッキーの自宅に向かうが、真夜中の渋滞。翌日は荷物もないまま町に出た。

二皿目はファットゥーシュ。ビタパンのグリーンサラダ。スマックがたっぷりかかってる。#meyhanetable

Salam Takuya Unagamiさん(@salam_unagami)が投稿した写真 –

タッブーレ、イタリアンパセリのサラダは7スパイスを使って、渋い味。#meyhanetable

Salam Takuya Unagamiさん(@salam_unagami)が投稿した写真 –

Arabicaのメインはレバノンの7スパイスとヨーグルトでマリネして、オーブン焼きした鶏手羽先。#meyhanetable

Salam Takuya Unagamiさん(@salam_unagami)が投稿した写真 –

自家製スモーク鯖にサフランのアイオリ。#meyhanetable

Salam Takuya Unagamiさん(@salam_unagami)が投稿した写真 –

レバノンのレンズ豆入り赤飯ことムジャダラ。ここのは上にたっぷりのタヒーニがかかっていた。#meyhanetable

Salam Takuya Unagamiさん(@salam_unagami)が投稿した写真 –

徒歩五分の所にあるロンドンタワーブリッジ。

Salam Takuya Unagamiさん(@salam_unagami)が投稿した写真 –