‫كايروكي – آخر أغنية – Cairokee -最後の歌 Akher Oghneya‬‎ 

2011年2月、エジプト1月25日革命の現場から希望に満ちあふれた曲「Sout El Horeya(自由の声)」を発表したCairokee。その新曲は「最後の歌」!なんつータイトル!

「もしこれがオレの最後の歌となるなら、オレは自由について歌うさ。大声をあげて一緒に自由について歌ってくれ!」

(英語対訳からの日本語訳)
という、あえて「自由の声」に言及したサビが泣けるどころか、現在のエジプトの絶望的な状況を語っている。
革命が終わり、日常が戻り、革命児は戻ってきた旧体制とサイレントマジョリティにとって不必要となる。ちょうどチェ・ゲバラやサパタのように抹殺されるだけ……。
あの時のカイロの空気を吸った者として、まさかこんな5年後が待っていたとは思いも寄らなかった。

追記:「「アラブの春」と音楽」の著者中町信孝さんのfbで知りました。来週日曜20日に下北沢B&Bにて中町さんとトークイベントを行います。彼に聞きたいことがまた増えてしまった。

3.20 Sun. 中町信孝×サラーム海上 「中東の若者文化と音楽」 『「アラブの春」と音楽』(DU BOOKS)刊行記念トーク@下北沢B&B