Middle Eastern Cooking 010 Kuru Fasulye, istanbul 2013 Nov.

猛烈に美味そうな中東料理写真を投下することでIS絡みのTWを撃破駆逐する「イスラーム(諸)国の料理」第10回。
二日空けてしまったが、今回は地味な料理だよ。でも、トルコ人のソウルフードとでも呼びたい、白いんげん豆の煮込み「クル・ファスリエ」。
水でもどした乾燥白いんげん豆をほんの少しの羊肉とトマトペースト「サルチャ」とともにコトコトと煮込んだだけの簡単料理。普通に台所で作るのではなく、灯油ストーブの上でコトコトと煮込んで作るのがいいんだよ。バターで炒めてから炊いたバターライスやトマトライスにたっぷりかけて、上からヨーグルトや乾燥赤唐辛子粉(プルビベール)をかけると更に美味いんだ。
イスタンブルのロカンタ(安食堂)でこれとチキンピラフだけ頼んで、安く済ませてるオヤジも多い。以前、旧市街のハマムを取材した際は、ハマムの三助さんたちが自分たちで大きなアルミのお盆の上で、これを作って、ピラフと一緒にまかないで食べていたのを見た。トルコでも肉の値段は日本並みに値上がりしてるから、肉が最少限でもタンパク質が豊富なこの料理は庶民の味方なのだろう。

[Middle Eastern Cooking 010 Kuru Fasulye, istanbul 2013 Nov.]
This is a kind of Soulfood for Turkish People, I guess. Kuru Fasulye, White beans stewed with small amount of Mutton meat and Tomato Paste. It takes a few hours to cook with slow fire. If you go to Lokantasi, cheap restaurant, you see old tired blue-workers eat only Kuru Fasulye with Chicken Pilaf. It’s the cheapest source of protein for them. In istanbul meat is as expensive as in Tokyo.
Anyway I really like Kuru Fasulye. I often make it by myself using Kerosine stove. I put the pan on the stove and stew it on slow fire. I really like the way.

1483997_10151696578926901_563878752_o